1947年(昭和22年) 3月

竹田福之輔が食肉処理と卸売専門「竹福」本店を大阪府羽曳野市に創業

1947年(昭和22年) 3月

1960年(昭和35年) 3月

大阪市阿倍野区王子町王子センターに精肉小売店を開設

1963年(昭和38年) 4月

最高級銘柄和牛専門店「竹福」として本店より独立

1963年(昭和38年) 4月

1964年(昭和39年) 4月

大阪市阿倍野区阪南町3丁目14番12号(現在地)に新社屋を建設

1981年(昭和56年) 1月

生肉の配送ギフト・テイクアウト商品の独自開発
お肉の超新鮮フィルム包装・冷凍化技術・品質鮮度管理技術とアイスケースなど独自開発により、冬季・夏季を問わず年間を通じて鮮度保持を可能にする

3月

生肉ギフトの宅配による販売(宅配便運送会社による全国配送ネットを確立)

5月

NHK教育テレビ「明日の経営」
毎日新聞経営講座「めざせ地域一番店」等でマスメディアに小売販売店の模範店として取りあげられる

1981年(昭和56年) 5月

1989年(平成元年) 10月

近鉄百貨店上本町店に支店開設
「ミートブティック竹福」として特選神戸ビーフを主に販売する

1989年(平成元年) 10月

1994年(平成6年) 3月

法人設立 株式会社 竹福に社名変更
屋号(ロゴ)神戸牛 竹福

6月

宅配用パッケージ新規考案「省資源・省力化・ごみの処理の軽減」など地球にやさしい環境づくりに推進する

10月

近鉄百貨店阿倍野店に支店開設
「神戸牛 竹福」を出店 特選神戸牛を主に販売する

1994年(平成6年) 10月

1999年(平成11年) 11月

「竹福ぐるめぽいんとかーど」サービス開始
業界初で会員様にダイレクトメールにてのご案内開始
カード会員様平成29年1月150,000名

1999年(平成11年) 11月

2001年(平成13年) 9月

新ギフト商品販売「鮮(あざやか)肉鮮蒸し」
蒸し料理には珍しいサイコロ型の神戸肉を湯葉で巻き、歯ざわりの良いウインナー、彩り鮮やかな旬のお野菜、お餅のような食感の生麩を収める3段の木製セイロにてお届けする

2001年(平成13年) 9月

2003年(平成15年) 1月

竹福独自のトレーサビリティを確立
店頭商品及びギフト品に個体識別番号と生産者名および農場等の写真を入れ、店頭販売はプライスカードの横に、表示ギフト品は購買証明書に明記し添付する

2003年(平成15年) 1月

2011年(平成23年) 3月

東日本大震災被災地に竹福も一企業として義援金100万円を拠出し、食料救援として現地で温めるだけで食べられる、焼きハンバーグ5,000個を10日間で焼き上げ、被災地に支援を行う

2011年(平成23年) 3月

9月

4度目の被災地支援となる焼きハンバーグ、焼肉の炊き出しとステーキディナー チャリティーを行う

2011年(平成23年) 9月

10月

楽天市場とおとなの週末が主催する全国700商品の中から、日本一お取り寄せグルメ決定戦に肉鮮蒸しがO-1グルメ(お取り寄せグルメ1)決定戦にて初代グランプリに輝く

2011年(平成23年) 10月

2014年(平成26年) 3月

あべのハルカス近鉄本店にて「竹福 近鉄あべのハルカス店」リニューアルオープン

2014年(平成26年) 3月

2016年(平成28年) 5月

熊本地震被災地に食料救援としてハンバーグ1150個にて支援を行う

2016年(平成28年) 5月